警察

証拠を警察に求められた時に詳しく説明できるように

事故の大きさによっては警察の対応が悪い時も

こちら側がどんなに気を付けていても相手側のミスによって自動車事故に巻き込まれ警察を呼ぶことは避けられません。

このような事態に備えて対処法を日頃から前もって立てておく必要があります。

このような事故に巻き込まれた際に冷静さを失い,適切な対処ができなかったために金銭的にも心情的にも非常に悔しい思いをすることになります。

事故に巻き込まれた時で特に困惑してしまうのが事故を起こした側の加害者側が現場から逃走してしまう事です。

一般的に当て逃げといわれる事態です。

警察の対応が鈍い時は保険会社にも連絡

このときに適切な対応をしないと相手側の非を追求できないばかりか加害者そのものが警察でも見つからないこともあります。

こういった状況で一番多いのが駐車中に接触して破損させたまま当て逃げてしまうといったケースがあります。

このケースでは相手を認識していないため車に戻ったときに破損に気づいてぶつけられたことを知ることになります。

この状況において、どのくらい前に接触されたのかもわからないために、すぐに加害者を見つけることが確かに難しくなってしまいます。

当て逃げの場合修理費用は自腹で泣き寝入りということになります。

もちろんきちんと通報して警察に届けることは必要です。

犯人を警察が確実に捜してくれるとは限りません

擦り傷ではしっかりと警察が動いてくれない事も

車の損傷が軽微な場合、仕事中で忙しかったり、面倒であったりといった理由でそのままにしてしまう時も多くあります。 実際にはこれは後々までその傷を見るたびに警察に行かなかったことを悔しい思いをすることになります。

面倒でも当て逃げされたら届け出て事情を説明することが重要です。

最近は、これは駐車場の中に限らず、あらゆるところに防犯カメラが実は設置されています。

また、これがスーパーなどの駐車場であれば目撃者がいるような可能性はここでは十分にあります。

かなり高い確率でこういう事件をした車を割り出せる可能性があります。

傷によっては警察や周囲の反応が悪い事もあります

相手の車を特定できれば、証拠の画像なり相手側の車の接触の痕跡などで事故を認めさせることができます。

また、加害者側もその場しのぎの方法としてたケースが多く、当て逃げの通報により警察の調べが入れば、良心の呵責もあって素直に認める際が殆どです。

恨まれるのではないかと心配する人もいますが後は、任意保険会社の代行処理で示談をすればお互いすっきりとして終わることができます。

また、自分が運転中にぶつけられたら慌てないことが重要です。

そして、あまりの出来事に我を忘れて動転してしまい、相手を無暗に追いかけたりすると別の連鎖する事故を引き起こしてしまいますので、すぐには事故の現場から離れずに冷静に相手車輛のナンバーを控えておきましょう。

警察の捜査をずっと待っている期間はどうなるのか

すぐその場で警察で解決できる事件とは限りません

ナンバーさえ控えていれば一般的な人の場合、職場や自宅の特定はすぐにできてしまいます。

慌てて、当て逃げした相手のナンバーを覚えていないと届け出ても検挙できる確率は非常に低くなります。

また、警察は現場での事故の状況をきちんと整理しておけるかどうかでもかなり変わってきます。

その他にその車の特徴や運転者の特徴を覚えておくと捜査の役に立ちます。

動転して相手を追いかけたりするとその場の状況も分からなくなりますし、自分の感情も想像以上に興奮してしまい、そして何も覚えていないということに現状はなります。

何の手がかりもなく人的な被害もない際、警察の捜査も上滑りとなり加害者の検挙が難しくなってしまいます。

どのような通報の方法やパターンでも、間違いなくいえることですが、当て逃げは立派な犯罪であるということです。

警察を使わずに自分で解決するのはリスクも

人的な被害を伴うひき逃げといった時と比べて、物的な損傷のみですので軽く考えてしまいます。

また、仮に被害を受けたときに騒ぎを起こしたくないという気持ちから届け出ない人も多いのですが、この行為は犯罪を見逃すことになってしまいます。

加害者側もとっさに逃げてしまったのかもしれませんが相手が怪我をしたかもしれないのに現場から逃走してしまうのは悪質といえます。

被害の大小にかかわらず逃走した加害者に反省を促す意味でも警察に届け出は必ず行う必要があります。