駐車場

駐車場の場合は犯人は逃げてしまっている

現場を取るカメラがなければ確認もできません

車を駐車場でも壊さないように大事に乗っていても事故の可能性はあります。

一般の交通事故で自分側に責任がなかった場合は、相手が無保険でないかぎり修理代が支払われることが多いのです。

しかし自分に全く責任がないのに当て逃げは保険が適用されず、自らが修理代を支払うケースもけっこう多いことを知っているでしょうか。

まずは事故の相手が駐車場から擦られて逃げてしまった場合です。

通常はすぐに警察に届けることになります。

駐車場内で当て逃げされたら泣き寝入りしかない?

しかしひき逃げとは違いますので操作の対象とはなりますが、ここで残留塗料からの捜査といったような本格的な警察捜査はあまり期待できません。

せいぜい駐車場にいた加害者が反省して警察に出頭してきた際に被害者に連絡をしてくれる程度でしょう。

つまりぶつけられた側が泣き寝入りすることとなります。

ところが、もっと被害者にとっては理不尽なケースがあります。

スーパーの駐車場で当て逃げされた場合ですが、この場合は基本的に公道ではなく、私有地です。

なかなか見つからない駐車場でのサイドミラーの擦り傷

簡単に犯人を駐車場で見つけることはできません

私有地の敷地内でおきた交通事故は警察は関知しないことになっています。

もちろん、これはコンビニなど公共性の強い場所においての事故の場合は事故証明を出してくれる場合もあります。

それはあくまでも事故の当事者双方が警察を訪れた場合であって、これは基本的に駐車場での事故を警察が捜査してくれることはありません。

それでは擦られ当て逃げされたらどうすればいいのでしょうか?管理者に連絡をします。

もしかすると防犯カメラに加害者の車が移っているかもしれません。

また捜査はしてもらえなくとも器物破損の証拠として、ここで警察に被害届を出すことも可能です。

加害者が判明した時に請求する根拠の一つと駐車場では成り得ます。

駐車場で当て逃げされたらすぐに写真を撮影しよう

しかし、これの実際のところはぶつけられたら何もできなかったというケースがデータ的にもほとんどです。

こういった事故に対して前もって準備できるのは保険しかありません。

通常の任意保険のノーマル契約では対物、対人といった駐車場で事故を起こした場合にはどうなるかというと、ほとんどがこのように相手に対する補償に対応するという内容に限定されるはずです。

ですからオプションで当て逃げの特約をつけておく必要があります。

一般の車両保険では全額出ないケースも、駐車場では頻繁にありますので注意して契約することが必要です。

つまりオールリスク免責0という特約であれば自己負担はゼロで請求できます。

車を綺麗にしておくことで駐車場での事故を防ぐ

傷が目立つと相手も駐車場から逃げにくくなります

通常の車両保険だけでは内容によりますが、スーパーなどの公共の場では一部は自己負担になります。

車対車限定A契約という契約の場合は請求ができません。

これはあくまで車と車の事故で相手が特定できる時に、これは限られているために保険料が安く設定されているからです。

当て逃げに対応しているか現在の内容を確認して、追加で特約をつけるのが望ましいといえます。

ただし、もしぶつけられた場合でも修理見積もりを取ってから適用させて請求するか自腹で修理費を支払うかは駐車場では別途検討しなければいけません。

請求支払を受けると等級がさがり次年度からの保険料が値上がりするからです。

デパートやモールの駐車場で当て逃げされたら

支払額と次回からの金額とを比較検討して、長期的に支払額が高額になるようであれば、現金で修理代を支払った方が結果的に得になる場合もすくなくありません。

こういった擦られた状況というものは事故として届け出られないことが多いので、モールやデパートの駐車場もあまり件数としては多くないように思われがちですが、ここでは自分では気づかないうちに車のボディに傷がついているということは誰でも経験があると思います。

ほとんどが傷を見つけた段階では、どこで傷つけられたものかわからずに、あきらめて車検の際にまとめて修理するといった対応をしていると思われます。

常に所有の車を綺麗にしておきたいという場合は、まず自損事故にも対応するものに加入して、毎回洗車時に車のボディをチェックする必要があるでしょう。

駐車場で傷を発見して直すべきものならば保険会社に連絡すればよいのです。