保険

車両保証の保険適用がされない時はあるのか

修理の際の保険や出費はどうなる?

自動車が多く往来する場所で当て逃げをされることがあります。

これは犯罪であり、保険は運転者の責任である賠償の責任を逃れることであり、非常に卑怯な行為です。

しかしながら、人身傷害を伴なう場合で、被害者の傷害が重症である時は、警察に通報して、犯人の捜査や検挙に全力を注いでもらえるのですが、物損のみであれば、お金の問題のみで済むため、警察は介入せず、加害者が自ら出頭でもしない限り、当てられ損となるのみです。

仮に人身傷害を伴なうであっても、軽症であれば当検挙までに至らないケースが多いでしょう。

自分がされたら車両保険(車両補償)にてメンテナンスを行うことが一般的となるでしょう。

しかし、本当に車両補償での修理が良いのかしっかりと検討する必要があります。

保険を使うと損をしてしまうケースは

車両補償は、万が一の事故や、自損事故などにより、自己の車両の損傷を伴なった当て逃げのケースで相手に保証能力が無いか、これは、そもそも相手自体が現場にいないといった状況で、自身が加入している車両補償にて修繕費が支払われるもので、新車購入時に車両補償をセットで加入する人が多いです。

ただ、実際に車両補償を利用して修繕を行なう際、保険は翌年から掛け金が割増しとなり、それがまた、割引が数年適用できず、実質的な負担増となります。

かと言って、修繕費を自身で負担することは厳しい面もあります。

保険会社とのやり取りの際に注意すべきこと

嘘を付いてばれた時の保険のリスクはかなり大きい

自動車の修理費用は決まりがなく、これはメンテナンスに出す業者により、見積もり価格が変わります。

とくに、業者は車両補償に加入していることが分かれば、目一杯の見積もりをここでは出すでしょう。

車両補償を利用して修理を行う際、業者は顧客から修理費を回収するのではなく、これは保険会社からの請求となるためもあります。

また、これは契約内容で補償として設定されている時、見積もり内容が高くても、修繕費の支払いをする義務があるのです。

例えば、ドアの凹みが出来た場合、板金塗装で済む状態でも、ドアを交換してしまうことがあります。

保険でドアを構成している部品がすべて交換されれば、ここでは当て逃げでかなりの金額となります。

示談で対応した方が点数によってはメリットもある

内張りやパワーウィンドに関わる精密な部品、ガラス、ヒンジなどをすべて交換するケースが多いでしょう。

しかしながら、これらの部品が損傷に関係なく利用できるのであれば、保険も凹んだ外板のみを交換することが可能で、修理費用が安く済みます。

また、中古部品を利用したり、キズを鈑金にて修復し、パテを入れてフラットにして塗装を施せば、さらにこれが安く済むことがあります。

車両保証での保険での修理にかかる費用の負担は?

事故の大きさによっては保険が適用されても痛い出費になることも

軽いケースであれば、数万円で直しが可能なことも十分にあります。

これが、車両補償での修繕となれば、修理費の請求は3倍以上になることもあるでしょう。

保険は自費を出さずに修理が可能であることが、かなりお得であるような錯覚を起すのです。

しかし、車両補償により免責が設定されておれば、自費負担が発生し、また、翌年から割増料金の掛け金となり、割引が数年間適用されないことを考えれば、お値打ちに自費にて修理をしてもらうことの方がどれだけお得であるか分かりません。

近年、車両補償の充実により、利用者が増えたことや、安易にこれを利用してメンテナンスを行うことが、急激に多くなったことから、こういった車両補償を利用した人へのペナルティーが大きくなり、軽度の損傷に対して車両補償を適用することは大きな損となってしまうのです。

当て逃げをされたら、冷静に損傷部分を確認して、業者に見積もりを取ると良いでしょう。

損をしないように保険を活用する方法とは

販売がメインで板金修理を行なわず、保険も外注化している業者は、修繕費が高くなるため、これは板金修理をメインに行う業者で、自社所有の土地で、かなり従業員の少ない鈑金業者が見積もりが低い傾向があります。

大きな損傷の場合、メンテナンスよりも廃車にして車両評価額を受け取ることも良いでしょう。

保険があってもぶつけられたら、一応、警察に届けを出してく必要もあるでしょう。